修士課程のメモ帳

理系職に就くための免状を取るライフログ

雪の京都は金閣寺と貴船神社を撮ってきた!にゃんこパフェも食べてきたよ!

相方氏の演劇の公演も終わり、お互い一息つけるタイミングとなったので、兼ねてから望んでいた京都の雪景色を撮りに行ってきました。

 

masterlife.hatenablog.com

 

 

今回はバス移動が主なので、集合場所が四条烏丸になりました笑

この駅で京都のバス一日券を購入します。これ非常におすすめ。

京都市交通局:市バス・京都バス一日乗車券カード

 

 

昼前も昼前、10時半に集合したのでまずは腹ごしらえに向かいます。

古書と茶房 ことばのはおと

 

外観写真は撮ってない←

 

開店は11時半からなのですが、ホームページ見た時にこのパフェ食べたくて仕方がなくなっちゃって、しかし先着20個限定なので早めに並んで行くしかない!と意気込んで行きました。「限定」という言葉には非常に耐性がある方なのですが、「限定」であろうがなかろうが良いものは良いのです。

f:id:chemneko:20170217034827j:plain

 

この日はチキンカツでした。めっちょ旨い。胸肉をあらかじめ蒸して柔らかくしておいて、そこにスパイスを効かせた衣に包んで揚げているんやろねー、手間かかってる分美味しいねーって相方氏と話してました。他人の美味しい料理を感覚で理論的に分析するの楽しい。

 

 

13時を回りました。ここでようやくお待ちかねのパフェの登場です。

 

f:id:chemneko:20170217035250j:plain

f:id:chemneko:20170217035357j:plain

 

にゃーーーーん

 

 

わかってた。めっちょかわいい。そして冷たいw

 

 

f:id:chemneko:20170217035953j:plain

可愛すぎてどこから食べたらよいか分からず血迷ったの図。

 

 

 

 

さて、京都の雪景色を撮ろう!と息を巻いて来ましたが、まずは金閣寺に向かいます。

 

f:id:chemneko:20170217040332j:plain

来た時点で雪がちらつく状況。それまでは晴れたり曇ったりの程度だったので期待が持てます。

 

f:id:chemneko:20170217041003j:plain

改めて現像の正解を見つけるのが難しい。金閣寺の金色を白寄りにするか黄色寄りにするかで好みが出そう。あと彩度も上げるか下げるか、黄色なんて色飽和しやすいですしね。正直いろんなパターンで現像したくなりました。

 

 

f:id:chemneko:20170217040949j:plain

とか言ってたらえげつない雪に見舞われました。横殴りの雪ってか叩きつけてくる雪。痛い。

 

f:id:chemneko:20170217041358j:plain

って思ってたら晴れた。金閣寺の天気は忙しい(違

雪降り始めてフラッシュ炊いてキャッキャしてたら雪がやんで青空見えるまで5分もなかったですからね。

 

f:id:chemneko:20170217041827j:plain

f:id:chemneko:20170217041833j:plain

金閣寺裏側は、この日の陽射しで解け残った雪と、雪が解けてむき出しになった茅葺の屋根のコントラストを見ることが出来ました。

 

 

f:id:chemneko:20170217042435j:plain

とにかくこの日は寒かったので、次の目的地に向かうバスに乗る前に温かいものを求めてしましました。京風出汁たこ焼き美味しかったし、寒い中ほっこりするのにちょうど良かったです。

 

 

 

さて、続いて向かうは下鴨神社です。京大や母校の近く(といってもキャンパスが別だったため、訪れる機会はなかった)を進んでいきます。

一回生の時に読んだ森見登美彦作品の、「夜は短し歩けよ乙女」の舞台で、信号機に付いている交差点名の看板を見ては一人内心心踊らせていました。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

現中高生や大学生活がつまらないと感じている大学生に是非読んでほしい。

 

話が逸れました。

 

 

 

ということで下鴨神社に到着です。

 

f:id:chemneko:20170217043224j:plain

f:id:chemneko:20170217043228j:plain

 

貴船神社でおみくじを引きました。そういえばこの日が初詣になります。

 

 

実際インフルで家族で初詣に行く機会を失ってました笑

結果は吉でしたが、良いことしか書いてなくて本当に吉なのか疑問に思いました。相方氏は人生初おみくじだそうで、中吉でしたが僕より良いことは書かれてなかったです笑

 

 

 

 

 

続いて目指すは貴船神社、この日最後の目的地です。なにせ雪の降る貴船神社の写真が今回の京都フォトウォークの最大の目的です。今更ですけど、フォトウォークと言いながらあんまり歩いていませんねw市バス最強w

 

さて、貴船神社比叡山にあり、例え京都市内で雪がちらつく程度であろうと貴船口のほうでは結構しっかり降っていることが多々あるようです。よう知らんけど←

そのため、今回最大の目的である雪の貴船神社のライトアップが行われているか否かは例えばTwitterなどのウェブ上で確認することになります。また、上述のように、京都市内とは天気が異なり、特に山の中に位置しているため防寒対策が必要となります。そこで、僕たちは京大生御用達の出町柳駅前のセブンイレブンでこんなものを買いました。

 

f:id:chemneko:20170218004938j:plain

 

買ってよかった靴用カイロ。足の指先までカバーしきれませんでしたが、だいぶ足から暖かく過ごせたため歩きやすかったです。

 

貴船口駅から貴船神社まで、Google先生によると徒歩約30分だそうで、この厳寒の中30分も歩いていたらおそらく貴船神社に着くまでに駅に向かって折り返しかねないと判断した我々はバスを見つけます。貴船口から貴船神社の間で連絡バスが走っていました。ここはさすがに市バスのカードを使うことが出来ませんでしたが、手足の指先が切れ落ちかねない寒さの中を寂しく歩くのに替えられるのなら安いものです。

 

 

ということで貴船神社に着きました。

 

f:id:chemneko:20170218010135j:plain

当日午後3時にライトアップするかがようやく決定されるというのに、この日もそこそこの人が集まってました。階段最も手前の場所をなんとか頂けましたが、ボツ写真行きになったのはここだけの話です。

 

f:id:chemneko:20170218024236j:plain

雪は青っぽく写る方が好きだなあ。色温度を思いっきり下げたくなるんですよね。

 

f:id:chemneko:20170218024245j:plain

この日一番はやっぱりこれ。結構編集頑張りました。頑張った分破綻も大きい←

Lightroomの扱い方をもっと勉強しなきゃいけませんね。

 

 

f:id:chemneko:20170218024251j:plain

なんかよう分からんけど、適当なオブジェだったので撮ってみた。

 

f:id:chemneko:20170218024300j:plain

個人的にこの写真も結構好きです。定番構図の逆側にあります。山を登って行った側になるので、順路的にはこちらが出口になり、人の往来も非常に少ないです。

 

 

f:id:chemneko:20170218024315j:plain

 

さっきの階段を横側から。この日はずっと雪がちらついてました。

 

 

このあと叡山電鉄一乗寺で降り、ラーメンを食べたら21時半を回っていて、さすがにその時間から八坂の塔清水寺)まで行く体力も残ってなかったので生駒に帰りました。翌日は翌日で撮影に出ています。(つづく)

鹿パラスナップ。

f:id:chemneko:20170204173230j:image

 

学部時代の友達と急遽飲みの約束を立てつけたので、待ち合わせまでの時間に奈良公園周辺でスナップを撮りに行ってきました。

 

 

f:id:chemneko:20170204173354j:image

 

ならまちの方から五重の塔。正式な名称は知らない←

 

 

そのまま春日野大社の方まで上ったあと、奈良公園の方へ。

 

f:id:chemneko:20170204173533j:image

 

f:id:chemneko:20170204173408j:image

 

春夏秋冬関係なく鹿がいます。鹿天国、鹿パラダイス、略して鹿パラですね。

 

 

ちなみに初めての鹿パラはこちら。

masterlife.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:chemneko:20170204173640j:image

 

レンズ汚かったせいか盛大にゴーストかフレア出た。

 

 

 f:id:chemneko:20170205221704j:image

夕陽が差し込む時間帯だったので、いい感じに神々しく見えます。ゴールデンアワーすぎょい。

 

f:id:chemneko:20170204173932j:image

 

 

そういえばならまちの方ってネコが有名なんですけど、今まで何度も訪れては一匹も見れないんですが本当にネコいてるんですかね?

理系院生の生活のお金の話。

お題「貯金の方法」

 

一人暮らし理系院生の生活を金銭面から見てみましょう。

まず僕は月に奨学金8.8万と仕送り4万で生活しています。贅沢さえしなければ余裕を持って暮らしていける金額ですね。隔月で一冊教科書や専門書(一冊一万円以上、高いものだと3.5万とかそれ以上します)を購入するくらいの余裕です。

まあ実際そんな真面目な本を買うことはないですが←

 

 

masterlife.hatenablog.com

 

こんな本を買ったり、

 

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

こんな本を買いたかったり、

 

 

こんな無駄遣いしたりしてます(白目)

 

 

では、僕の金銭管理術を紹介します。と言っても、当たり前のことしかしていないつもりです。読んでそれだけかと思われた方には先に謝っておきます。ブコメ荒らさないで

 

 

まず、奨学金の振り込まれる口座と家賃水道光熱費通信費の引き落とし口座を統一します。クレジットカードの引き落とし口座も統一できるとなお良いですね。

 

その口座から毎週決まった曜日にお金を一万円だけ下ろします。この時点で贅沢ですね。贅沢だと思われる方は八千円とかいくらか減額して下ろしてください。それを週の予算として使います。食費だけでなく雑費諸々の予算です。余ったお金は基本的には戻しません。財布に入れっぱなしです。それが気持ち悪い場合、病院用の財布に移し替えるのはいいかもしれませんね。

 

以上です。

 

 

僕の場合、月の定期支出が家賃3.5万、水道光熱通信費で1万、交通費が0.5万~1万、上記の通り食費雑費で4万円となります。これに飲み会やデートなどに要する交友費が加わってきます。

 

週に一万円って多いようで少ないようで結構丁度いい額だと思ってます。僕の生活は一部社会人より忙しいと自負しているので、平日の昼にお弁当用意したり夜に自炊したりってことが出来ないんですね。財布片手にランチとか言ってお高いイタリアン食べに行くOLなんてくそ喰らえ(偏見)

 

なので基本的に平日はコンビニか学食になるのですが、ここで二食分で最低800円、ちょっと贅沢すると1,000円なんて当然のように超えます。なので週に2食くらいはカップ麺の時があります(大抵食費のせいというより時間のせい)

また、食費削減のために土日の夜に弁当の具(白米に乗せられる状態のもの)を作って、月曜と適当な日の週に2日は昼に弁当を食べてます。コーヒーもタンブラーに入れて持っていくことで、コンビニで買うよりも遥かに安く美味しく済ませられています。

 

masterlife.hatenablog.com

 

 

どうでもいいですが、コーヒーの粉を変えてみました。

 


何のブランドかは忘れた←

OCAT内のやまやで500g500円くらいで買ってきました。結構コーヒーの味にパンチが出てきました。苦いけど美味しい。

 

 

週末は基本自炊をするので、1日500円とかそこらですかね。こうして週の食費は6,500円程度になります。週の予算は一万円なので、あと3,500円残っていますね。週末の夜に飲みに行くもよし、土日の贅沢にお酒を買うもよし、本を買って週末の時間を有意義にするのもよし。そんな感じです。

 

 

こうやって頑張って(?)作った貯金は春からの就活に消えていきます。悲しいですね。

 

 

 

ということで、貯金の作り方について話してみました。参考になることは特にないとは思いますが、これから一人暮らしをされる大学生や大学院生や、その親御さんに参考になれば幸いです。

500万球もの電球の輝き!神戸イルミナージュを撮ってきた!

どうも僕です。タイトルの件、行ってまいりました。

 

www.illuminagegroup.com

 

年末に始まるイルミネーションの一部は年内までなんてとこもある一方で、神戸イルミナージュは2月中まで点灯しているので、撮るものに困った冬の日なんかにはありがたいフォトスポットです。中にはなばなの里なんかはGWくらいまでやっているのでもはや冬の風物詩という概念を壊しにかかっていると思えます。

 

 

さて、最初に断り文として、今回撮影から今日(2017/01/28)に至るまで研究やインターンが立て込み現像に費やす時間がなかったため、ひとまず撮って出しで記事を挙げます。時間が出来現像が完了し次第随時画像を差し替えていく予定です、また、今回撮れ高が宜しくありませんでした(腕が足りなさ過ぎた)、

 

ということを記しておきます。

 

 

 

まず入り口に入る前に振り向いて一枚。

 

f:id:chemneko:20170128115601j:plain

なかなかどうしてか廃墟臭が漂いますがこれは…。

(特にアレとかは映ってないはずです)

 

 

さて、入り口。多重露光で賑やかしたのしかなかったうえに若干ブレて斜めった?

f:id:chemneko:20170128115606j:plain

 

入り口で入場券を買い中に入るとメインオブジェクトである城っぽい建物が木々に囲まれ額縁構図で見えます。

f:id:chemneko:20170128115802j:plain

 

城を正面から見た後はどっち周りでも良いようですが、左回りの順路(城を見た後右方向)で進まれることをお勧めします。

 

 

f:id:chemneko:20170128120548j:plain

 

かわいい。

 

 

f:id:chemneko:20170128120655j:plain

 

たぶんこの日一番はこれかなぁ。多重露光がうまくはまった一枚です。草原を飛ぶトンボ。

 

 

園内中央手前は噴水か池かがあり、そこではイルミネーションのリフレクションが狙えます。

 

f:id:chemneko:20170128120700j:plain

 

さらに城のほうへ進みます。

 

f:id:chemneko:20170128120714j:plain

 

 

f:id:chemneko:20170128120722j:plain

 

 

アラジンのジーニーもいました。この辺んで多重露光焦点距離を変えるという荒業を覚醒させました。やりすぎるとうるさくなるので気を付けましょう。

 

f:id:chemneko:20170128120730j:plain

 

 

f:id:chemneko:20170128120743j:plain

 

綺麗。

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なばなの里と決定的に違うのは、順路らしい順路がなく、広い園内に視線の誘導などもなく、それっぽい場所やそれっぽくない場所でも小テーマごとにイルミネーションのオブジェクトを設置した感じで、残念ながら雑多な印象を受けました。

 

なばなの里での写真たち。

masterlife.hatenablog.com

 

 

結果として、二人で出た感想は「難しい」の一言でした。一番撮ってて楽しかったのは木々のイルミネーションに囲まれて城が額縁構図になっている入ってすぐのところだったと思います。個々は綺麗だったとしても、もう少し一貫性が欲しかったです。

 

 

 

県下2位のイルミネーションを期待していたのでえらく辛口な記事になりましたが、今後に期待していきたいです。

僕のそばにあったカメラを振り返れば、そこには10年間のしょうもない歴史があった。

お題「カメラ」

 

お題スロット回したらちょっと雑い振りされたので、頑張って無茶ぶりに乗ってみようと思います!

 

 

 

まず僕のカメラ遍歴なんですけど、ガラケースマホについていたカメラも一応載せておきますね。

 

僕が初めて自分のカメラとして持ったのが、auガラケーだったソニー製のW44S

f:id:chemneko:20170115140521p:plain

この横開きの変態仕様ww懐かしいwww2007年の春に高校入学と同時に買ってもらった一台です。実家においてあるんですけど、充電器さえ挿せばまた息を吹き返せるはずです。それにしてももう10年も前の話なんですね!?僕も年をとるわけだ…。

 

この当時から写真を撮るのが好きだったようで、ケータイ選びの時に譲れないポイントとしてカメラの画素数を挙げてました笑

2000年代後半のガラケーといえば、カメラの画素数が200万画素か320万画素かの二択しかなくて、店頭にある320万画素のカメラがこれしかなかったためこれを二年強使ってました。

また実家に帰った時にでも再充電して画像を探してみようと思います。

 

 

 

高1の春にケータイを買ってもらって高3の春に買い替えようってなって買ったのが、またしてもソニー製のW64S

f:id:chemneko:20170115141120p:plain

 

これもケータイの画素数は320万画素でした。進化してねえ

このガラケーがめちゃくちゃ好きで、高3、浪人、大学1回と二年半以上は使ってました。大学の時に鬱病の衝動で壊しちゃったの、ほんともったいなかったなぁ。本当は部屋の窓ガラスに思いっきり頭突きしたいくらい、何かを派手に自分ごと壊したかったんですけど、ぎりぎりの理性で出した代替案の犠牲にしてしまいました。

 

 

この時の写真はほんのちょっとだけPCに写したり依然やっていたブログから拾ったりできたので、それは今も残してあります。

 

 f:id:chemneko:20170115151149j:image

f:id:chemneko:20170115152141j:image

 

さて、それまで大切に扱ってきていたガラケーをぶち壊してしまい、仕方がないので新しいものを買っていただきました。これが引っ越しなどで必要な家電などを除いて親に最後に買ってもらったものになってくるかな。この時が確か2011年の年末なんですけど、スマホが徐々に台頭し始めてきたころですね。波に乗りました。

 

 

Infobar A01です。

f:id:chemneko:20170115141818p:plain

 

初めてのスマホ!初めてのAndroid!初めての500万画素!初めての(たぶん)京セラ製!

すっげー使いにくかった思い出。具体的にはすぐフリーズする。カメラアプリもよく落ちる。充電端子もすぐ死んで今は充電すらままならない状態です。何するにも不便だった記憶があります。分割払いの関係で何とか2年間我慢して使い続けました。

 

 f:id:chemneko:20170115152008j:image

 

あんま写真残ってないかも…。

 

2012年に入って鬱な身体を引きずりながら、それまで何件も落ちてきたバイトの面接を受けたらたまたま通り、自分が嫌われたり使えないものなら死んでしまえばいいと思ってある意味吹っ切れながら働いてたら普通に認められて、自信を取り戻すことが出来ました。

 

勉強を疎かにしながらもバイトに結構精を出していると結構な額のお金が降ってきまして、祖母からたまたまビックカメラの優待券を貰ったのをきっかけに初めてデジカメを買いに行きました。

 

f:id:chemneko:20170115142653j:plain

どこで撮ってんだww

 

SONYのDSC-WX50です。こいつを買って、その数か月後にバイクを買って、いよいよちょっとは大学生らしい自由を手に入れ始めました。

これ8,000円だったんですよね。当時はカメラのくせにたっけーな!って思ってましたけど、今思うとなんであと4万足してDSC-RX100を買わなかったとぶん殴ってやりたいと思います。

 

masterlife.hatenablog.com

masterlife.hatenablog.com

 

バイクに乗って琵琶湖一周丹後半島一周なんてしてみたり。

 

 

f:id:chemneko:20170115144230j:plain

f:id:chemneko:20170115144243j:plain

f:id:chemneko:20170115144245j:plain

f:id:chemneko:20170115143548j:plain

f:id:chemneko:20170115143606j:plain

f:id:chemneko:20170115143614j:plain

f:id:chemneko:20170115143727j:plain

このほかにも小豆島一周淡路島一周境港のべた踏み坂とかも行った。それにしても全然べた踏みじゃないwww

 

f:id:chemneko:20170115143437j:plain

神戸大橋のふもとの公園で撮影会なんてやってみたり。バイクと写真が楽しかった時期です。もちろん今も楽しいです。

 

 

DSC-WX50でいろいろ写真を撮る傍らで、Infobar A01を何とか我慢しながら使い倒しまして、iPhone 5sに買い換えました。

 

f:id:chemneko:20170115145041p:plain

 

普通にそこそこ綺麗でしたが、やっぱりカメラ専門の機械には多少劣るようで、特に光学ズームができない点ではiPhoneは不利でした。でも常に持ち歩いているから、メモ代わりの写真を撮るときはいつもこいつでしたね。早くiPhoneSEに変えたい

 

f:id:chemneko:20170115152502j:image

 

 

 

DSC-WX50を2年強使って、ボケない!光跡が映らない!出てくる絵が拡大すると塗り絵っぽくてなんかしょぼい!等々不満が出てきだしまして、ついつい手が滑って買っちゃった←

f:id:chemneko:20170115144355j:plain

だからどこで撮ってるんだ自分…。しかもAFでピンぼけて…。

 

NikonのD5300。2014年の12月に購入してバリバリの現役です。先日レリーズ数が1万回をようやく突破しました。

 

 

嬉しくてとりあえずなんか撮りに行こうと思って街に出てみました。

f:id:chemneko:20170115144500j:plain

f:id:chemneko:20170115144703j:plain

f:id:chemneko:20170115144709j:plain

 

やっぱ出てくる絵が全然違う。腕がなくても明らかに綺麗に撮れるようになりました。

それからはそれまで以上にいろんなところに行くようになりましたね。

 

f:id:chemneko:20170115145439j:plain

f:id:chemneko:20170115145503j:plain

f:id:chemneko:20170115145527j:plain

f:id:chemneko:20170115145652j:plain

f:id:chemneko:20170115145850j:plain

f:id:chemneko:20170115145908j:plain

 

masterlife.hatenablog.com

masterlife.hatenablog.com

masterlife.hatenablog.com

masterlife.hatenablog.com

 

2015年以前の記事がないのほんと悔しい。また適当に回顧録増やしていきます。

実在しているのに実在しない現実を遂に写せるようになって、さらに写真が楽しくなっています。そして社会人になったらフルサイズ買い足すんだろうなー←

 

 

 

「カメラ」という無茶なお題スロットをネタにして、初めての個人持ちのカメラ(ガラケー)から振り返ってみましたが、昔から自覚はなかったものの写真が好きだったんだなぁと感じました。昔の写真を掘り起こしながら、当時の状況や感情なんかを振り返ってみるのもたまには良いものですね。

ブログのすゝめ~就活に向けて文章力を身に付ける~

ブログを書くのはいいゾ~。

 

 

いきなり何をおっしゃい!?と思われたかもしれませんが、ブログはいいゾ~!

高校生の時からブログサービスに登録しては消しを繰り返しながら、足掛けもう10年近くブログを書いてきた僕が思うブログの利点は主に二点!

 

 

一つは思い出が文章と写真となり残る!

もう一つは文章力が身に付く!

 

 

一つ目はいかにもな理由なので詳細は割愛させていただきます。

もう一つの理由である文章力が身に付くという利点。これが意味するところはずばり、適切な助詞助動詞の選択ができるようになること、そして文章の構成を意識するようになること。この二点になります。

 

 

現在僕は就活を控えている大学院生なのですが、エントリーシート(ES)を書いてみると、望まずして様々なテーマについて原稿用紙1枚分くらいの文章量を書かされることがあります。僕が現在通っている大学にしてもそうですし、貴方が通われている大学でもあると思うのですが、就活セミナーの時によく言われるのが「最低限の社会人としての言葉のマナーを守れたなら、あとは企業との相性の問題」ということです。ここでいう「最低限の社会人としての言葉のマナー」が非常に難しそうで、例えば敬語一つ使い間違えないくらいの難しさを憶えてしまうところです。僕もそうでした。

しかし実際には、「助詞」「助動詞」を文中に適切に配置して「文章を読みやすく整える」ことが必要なようです。つまり、おかしなタイミングで「」「」「」などの助詞助動詞を用いることで読み手である人事の頭を一瞬煩わせてしまうことになり、結果としてESが落ちることに繋がっていくようです。僕自身が人事ではないのでよくわかりませんが。

 

そこでブログを適度に、可能であれば毎日書くことでこの訓練を行うことができます。そしてそれを後日読む。そうすると自分で書いた日本語なのに明らかに意味が通じにくい文章がいくつか現れるはずです。これをより理解しやすい日本語に書き直していくことで文章力が身に付いていくのですが、大抵わかりにくい日本語になってしまった理由というのは助詞助動詞を誤って用いていることが多いです。この読む→疑問に感じる→書き直すの過程を経て自然と適切な日本語を紡ぐことができるようになります。

 

 

 

そしてもう一つの文章の構成を意識するという点について。

これは実際に就活セミナーやインターン等が始まってから意識すればよいのですが、就活の世界(ひょっとすると社会全体での話かもしれません)においてはアンサーファースト(answer first)という言葉をよく耳にします。文字通り、質問に対しまず答え(結論)から述べよというスタンスですね。まず結論をはじめに言わないと、長い話の最後に言いたいことが出てくることになり、しかも結局それまでの話から何を言いたいのかが分かりにくくなるといったデメリットが生じます。そこでこのアンサーファーストのスタンスを軸に文章を構成していくとESや面接での通過率がぐっと向上するらしいです。僕も現在習得のために実践しているところです。面接でバシッと決めてやりたい←

 

 

 

長々と書きましたが、就活に向けてブログを書くことで、

 

読みやすい文章を書くことが出来るようになる

読み手(聞き手)に理解させる文章を書けるようになる

 

この2点を身に付けられるようになるので、現在高校生や大学1,2回生の方にブログをお勧めします。

RAW現像読本を買いました。

 

 

買いました。Lightroom導入前(NX-D)の時から欲しかったんだけど、Lightroom導入して更に欲しくなって、遂に先日書店でようやく見つけられました。4件くらい本屋を梯子したかな。

 

 

まだぱらぱらーっと捲って読んだ程度なのですが、痒い所に手が届いているというか、イメージ作りのために色作りをどうするとかそういった所に主眼を置いた現像マニュアルでありながら、他の書籍と違うのはLightroomでの部分補正の取り扱いの丁寧さですね。補正ブラシや円形フィルターや段階フィルターだの、今一つ補正前後の違いに気付けず、「どうやって使ったらええんやろう」って悩んでた僕には結構打ってつけな本だと思います。習うより慣れろ派ではあるけど、習ってから慣れた方が大体物覚え良い性格だからね。

 

 

手元に置いときながら現像する、参考書というか教科書というかそんな感じの本だと思います。