修士課程のメモ帳

研究職と開発職の隙間に落っこちた新卒のお話

浪人時代

間違った蔵王御釜の楽しみ方。

タイトルの通りです。 何でこうなったかって、考古学修士号の彼女が来たからです。 masterlife.hatenablog.com masterlife.hatenablog.com masterlife.hatenablog.com 昼前仙台駅にて待ち合わせて、 「今日どうしようかー。」 「仙台よく分かんないのでお任…

今日泊まっていきなよ。

最近彼氏と別れたらしい女友達に「今日泊まっていきなよ」って言われた。 4勤2休のサイクルで働いてるため土日休みが2ヶ月に1度くらいでしか巡って来ない中、久々の土日休みかつ翌月曜も夜勤のため実質2日半の休日での出来事だった。土曜日に千葉で学部の友…

そうだ!京都に行こう!~春の京都をおもてなし~

今週のお題「お花見」 masterlife.hatenablog.com 京都はよく季節ごとに写真を撮り歩くので今度からエントリをこのタイトルで統一しようかなぁ。 さて、昨年7月に関東から襲来した浪人時代の友人が卒業旅行のノリで1泊3日(!?)で京都に遊びに来たので案内…

6年の歳月を超えて、18才の努力は25才の心を支え合っている。

浪人生活の苦楽を「面識なく」共にしてきた友人と言ってもいい人達が数人いる。「面識なく」というのはブログ上でやりとりしていたことを意味しており、予備校の講習や受験などで顔を合わしたことは一度もなかった。ただひたすら勉強するだけの生活の中で互…