修士課程のメモ帳

理系職に就くための免状を取るライフログ

出会い系に1ヶ月課金してきたので結果報告する。

先日、出会い系サイトに課金した

 

不純な目的ではなく純粋に美味しいもの、楽しいことを共有できる一緒に遊べる女友達が欲しくて始めた。もちろん最終的には彼女になってほしいと思ってたし、性交渉の期待もあったけど。とりあえずは楽しく遊べる彼女候補の女友達を作る目的で始めた。

 

使ったサイトは公にはしないけど、ウェブ広告でよく出てくるものの一つ。女性は無料で男性はメッセージの送信に課金が必要なよくあるシステムで、本音を言えばほかのことにお金回したかったし(一か月分の課金で一回の飲み会分の金が飛ぶ)、そこまでして彼女作りたいって必死な姿勢が嫌だったけど、背に腹は代えられん。

 

 

 

 

課金したことは正解?不正解?

こんなこと書くのは間違っているとは言わない。優良サイトである以上、コストパフォーマンスとか絶対気にせずにはいられない。僕だったら間違いなくそうだし、実際課金額に対して結果がどれだけ出るのか、課金に対する恥も含めてペイできるのかは非常に重要で相当悩んだ過去がある。

 

結論から書くと、課金して良かったと思っている。もちろん男性の今いる環境によってはハズレしかいないものでもあるとなると課金は間違いだし、僕みたいに僕より男してる女性が少数いるだけの環境からしたら課金は正解であるといえる。

また、積極性も課金のコストパフォーマンスを左右する重要な要素で、積極的にメッセージ交換を行うかどうかは出会いのチャンスを増やせるかどうかに影響してくる。やりとりが続けば続くほど顔写真しか見たことがない関係にも関わらず、親密度が上がり自然と出会いの約束を立てられるくらいにはなる。そういう意味でメッセージを送っていく積極性と、女性を楽しめられるやりとりが課金額に対する見返りに関わってくる。

 

 

 

 

サクラ(業者)はいないの?

サイトによってはいるんじゃねえの?

少なくともおれが使ったサイトにはいなかったっぽい。この手のサイトにおけるサクラの目的といえばやはり追い金をさせることである。つまりシステム上追い金させやすいところにサクラは出没しやすいわけで(優良であればそのたび駆逐されるのであろうが)、逆の場所には出てきにくいことになる。

 

じゃあ追い金させやすい環境ってどういうことかというと、男がメッセージを送る毎に課金が発生するシステムのサイトはやりとりだけ続けて、焦る男が出会いの約束を取り付けようとしてもうまく避けられやりとりが以前通り続く。こうなると男の送信の数が増えるため追い金がかさむ一方になる。

 

つまり、月定額でやりとりし放題の仕様が逆説的にサクラが存在する価値の低い場所といえる。おれは何もしらずにこの仕様のサイトに課金していたので無事追い金の難を逃れられた。

 

 

ちなみに余談だけど、男は月定額、女性無料のところはもれなくメンヘラがうようよいるよ!(*'ω'*)

リスカOD経験者も複数人見たかな!笑

社会勉強として会話だけにしときました。

 

また、意外にもメンヘラでもなく高学歴の女性もちらほら見えて、普通に旧帝大卒の女性とも会えました。トーク力なくて二度目はなかったけど。

 

 

 

 

結果報告

課金の価値、サイトの見分け方的なところにばかりスポットを置いてしまいましたが、一個人の結果を報告しますね。

 

メッセージのやりとり 数十人

LINE交換 5人

出会い  2人

ホテル  1人

 

彼女はできてない←

でもこのままいけば(ホテルとは別の子が)彼女になるかもなーって感じでLINEしている子がいる。ホテルの子は純粋に飲み友達になりそう!日本酒好きでよかった!

 

 

 

 

まとめ

要領をつかみ始めたのは課金して三週間経った頃で、もう一月とか時間があれば結果の数字は三倍くらいになってたと思う。けど無事彼女もできそうだし飲み友達もできたし課金して良かったと思ってる。

報告は以上です!