修士課程のメモ帳

理系職に就くための免状を取るライフログ

飯田修論発表終わったってよ。

ここ一週間で起こったことをありのままに話すぜ…。

 

 

21日(月)

発表スライドの修正とTwitter、ダメ院生スレに入り浸り1日を費やす。

 

20日(火)

月曜と一緒の過ごし方をする。この日から翌日にかけて研究室で無駄に一泊。

 

21日(水)

寒さのためか腹痛で何度か目覚め、発熱は自覚し脂汗も感じた。コアタイムが始まってから下痢が止まらないようになり、寝不足もあり午前中は気絶を繰り返す。午後から同期の発表を聞きながら自分の発表スライドの修正を行いながらトイレに駆け込む1日。

発表を前日に控えながら練習もせずに19時に帰宅。体温計は40.5℃を示すも疑問に思いつつ頓服薬を服用。熱が下がったタイミングでシャワーを浴びて発表に備えた。

 

22日(木)

結局この日の朝も40.4℃と熱は下がらず、下痢もほぼ水分のみという状況。無理をすれば発表出来るけど無理したくないという安全安心を地で行く飯田クオリティにより、発表当日に病欠する方法を先生方に相談した。結果として病院で急性胃腸炎と書かれた診断書を画像提出することにより、発表が翌月曜に振り返られ万事休す。この時点で食欲不振のため1日半絶食していた。

 

23日(金)

この日朝起きると37.2℃と微熱であったが、発表が既に週明けに振り返られていたため大事をとって病欠。徐々に食欲が戻ってきたものの、うnこはまだ固まってなかった模様。

 

24日(土)

この日の時点で体調はほぼ回復。絶食の影響でうnこが出ない。

午後から修論発表(ポスター)だったため、それに参加。その後はひたすら翌日の引越しのための荷造りと掃除に躍起した。

 

25日(日)

AM3時に一旦仮眠を取るもAM6時に起床することにより、いきなり予定が1.5時間押すことになった。AM8時からレンタカーで商用バンを借りて、友達に手伝ってもらい搬出した。搬入先は実家なので妹に手伝ってもらい、ここでまさかの予定ミスにより1.5時間押しのスケジュールが0.5時間巻きのスケジュールに!その後レンタカーを返しに移動し、返却後再び電車で実家に移動。帰って飯食ってちょっと談笑して風呂入って即落ちした。つまり発表前日にして1週間まともに練習していない!オワタ。

 

26日(月)

この日から実家からの通学。AM5:40起きのところ起き上がれず早速寝坊する。行きの電車や午前中をフルに使い発表練習をそこそこにやって本番。イントロは練習不足と緊張でこけまくったが無事発表終了。質疑応答もタコ殴りを覚悟したが思いの外穏便に済んで修論発表が終わった。

発表後の教授とのフィードバック面談で第一声として、「おまえ真面目にやってたらもっとできたやろ!」とのお叱りを頂く。いや、全くその通りです。やる気を削ぐアレのせいでモチベーションを維持できる要素が何もなくなったから仕方ないんだ、との本音も口上の建前は「すみません」。この2年の研究生活の様子じゃ社会でやっていけないぞと釘を刺されまくるも、とりあえず正規の合格評価を頂くことに成功。こうしておれの修論奮闘記は終わりを迎えるのであった…。

 

 

総括

この時期に牡蠣とか鳥のたたきとか食あたりの危険のある食べ物なんか食うなよ!(カンピロバクターに当たった人より)