修士課程のメモ帳

理系職に就くための免状を取るライフログ

【回顧録】船に乗りうどん県オリーブ島へ!小豆島一周ツーリングの記録。

回顧録シリーズ第二弾です。

 

masterlife.hatenablog.com

 

 

今回は2014年3月に行った香川県小豆島へのツーリングを掘り起こしてみます。カメラは前回同様DSC-WX50という、1/2.3型豆粒センサーを積んだコンデジです。というか2014年てもう3年前なんだなあ…

 

 

 

f:id:chemneko:20171007030456j:plain

 

兵庫県姫路市のフェリー乗り場から。小豆島へ行く生き方は船しかありませんが、小豆島に寄港するフェリーはいくつか瀬戸内の港から定期的に出ています。僕はこの時は姫路港からの船に乗りました。姫路港へは姫路バイパスの中地ランプからでもいいけど、神戸市側からくる場合はR250のほうがおすすめ。岡山側は知らん。

 

ちなみに2年位前にも小豆島へ再度ツーリングしようということがありましたが、強風のため船が出なかったというネタ話があります。

 

 

f:id:chemneko:20171007031016j:plain

 

姫路港しゅっこーう。

 

 

f:id:chemneko:20171007031056j:plain

 

この岩山が見えてきたとき、小豆島は人が住む場所じゃないんだと勝手に勘違いしました。余談ですがこの船でBMW乗りのおっちゃんとちょっと仲良くなりました。今はもう(交信は)ないです。

 

 

f:id:chemneko:20171007031203j:plain

 

ついた。姫路と同様の感じですし人も住めそうな感じです。

今回はというか一周ツーリングでは基本ですが、反時計回りに回っていきます。

 

 

写真はないけどはじめにマルキン醤油で醤油ソフト食べたと思う。

 

 

f:id:chemneko:20171007031216j:plain

 

小豆島の道の駅。オランダだの風車だのって名前だったような…(よく覚えていない)。今思うとちょっとフォトジェニックな感じもあり、もう少し頑張って写真撮っても良かったような(うろ覚え)

 

 

f:id:chemneko:20171007031236j:plain

 

小豆島の中でも南東部が最も生活が盛んです。一方瀬戸内に近い北側には人が住む町がほぼなく、休憩所のような公園がたくさんあった気がします。これは島民が多く生活する南東部の土庄のあたり。土庄のMaxvalueの近くに世界一狭い海峡がありました。

しかし写真斜めってるなあ。

 

 

f:id:chemneko:20171007033752j:plain

f:id:chemneko:20171007033946j:plain

 

海岸線が良いすなぁ…

 

反時計周りって言いながら時計回りになったのは迷子になったからだよ!

 

 

 

f:id:chemneko:20171007031244j:plain

 

観音様と梅。観音様はどこにいたか忘れましたが、海沿いからちょっと内陸というか山のほうに走っていった場所にあったような気がします。

 

 

f:id:chemneko:20171007031302j:plain

 

この写真は何の変哲もない荒れた舗装路ですが、この写真のおかげで海岸線沿いに沿って一周したかったのに前年の台風の影響で迂回させられたことを思い出しました。ここからは陥没はなかったと思いますがちょっとしんどい山道でした。

 

 

f:id:chemneko:20171007031437j:plain

 

このへん行きの船で見た岩場じゃね?

 

バイクが一台しか写ってないのを責めるのやめろ!

 

 

f:id:chemneko:20171007031502j:plain

 

小豆島の北東部に吉田ダムというダムがあり、帰りの船まで時間があったので立ち寄ってみたようです。結構ビビりながら撮った思い出。

 

 

 

今思うと寒霞渓とか二十四の瞳映画村とかエンジェルロードとか、もうちょっと寄るところ寄ればよかったなあと思います。とにかく行きの船と帰りの船で時間がきっちり制約されるせいでのんびりしてられなかったというのもありますが。1周120 kmそこらだったはず(少なくとも150 kmはなかった)ので、走行時間5時間と考えてツーリングプランをちゃんと立てて行けば見どころも多い島なので楽しめると思います、ってか楽しみ直したいです。

【RT-33】新しいヘルメット買った!【レビュー】

現愛車のESTRELLA RS 2001の納車に合わせて買ったOGK KAMUIをかぶり始めて早4年半。

 

OGK(オージーケー):KAMUI-2 フラットブラック M

OGK(オージーケー):KAMUI-2 フラットブラック M

 

 

なんで旧型のKAMUIが出てこないんだ…

 

 

メーカー公表の耐用年数は遥かに過ぎてましたがお金の問題でなかなか新しいヘルメットを買えずにいました。

 

 

 

ということで開封の儀です。

 

f:id:chemneko:20170919230411j:plain

 

なお本人はテンションが上がり開封直後の写真を撮り忘れた模様。ぐう無能。

 

 

f:id:chemneko:20170919230416j:plain

 

マークの向きが逆ゥ!!!

 

ヘルメットの巾着袋が灰色でした。KAMUIの時は黒だったのになー。材質はKAMUIの時は硬い布でしたが、こちらはジャージ素材のような伸縮性のある柔らかめの布です。材質はこちらの方が好みですが、やっぱ黒に赤の企業ロゴのデザインが良かったなあ…。

 

 

 

f:id:chemneko:20170919230419j:plain

 

FOOOOO!かっこいーーー!!!

 

 

既にKAMUIで僕の頭のサイズがOGK Mサイズであることを知っていたので実店舗で見ずにAmazonで注文したのですが、予想以上にビビットなオレンジ!これに似合う服を僕は知らない…!!!←

 

f:id:chemneko:20170919230422j:plain

 

早くもブルーミラーシールドに換装しました!

 

FOOOOOO!!!!かっくいいいいいいいいいいい!!!!!!!!

 

 

ぶっちゃけリプレイスシールドの方が安いし夜間走行時にも簡単に外せる分そっちで良かったかなと思ったのはここだけの話です笑

 

 

 

さて、KAMUIとの比較になりますが、

 

かっこいい!

静穏性が高い!

ウェイクスタビライザーの効果向上してる!

ベンチレーションめっちゃ効く!ハゲになった気分!

視界が狭い…

シールドの微開閉ができない…

内装キツい…

似合う服がない…

D環めんどくさい…

 

と概ね購入者の頭が弱かったことがわかる不満点が挙がったようです。ただし、シールドの開閉機構は非常に残念で、KAMUIで微開、一段階、二段階と開閉できる部分が、すべてパコん!と大きな音を立てて一段階でしかコントロールできません。音が大きいのもさることながら、全開まで三段階くらいしかありませんでした。また全開にしてもシールドの下端が視野に入ってくるのはちょっと鬱陶しいです。サーキット用途に対応するためツーリング用途には完全に向いていないのかもしれません。

 

 

また何かあれば適宜追記していきます。

曽爾高原のすすき。

朝に新しいヘルメットが届いたのでそれを試すべくツーリングを画策していたところ、ふと曽爾高原ツーリングが思い浮かんだので行ってきました。あくまでメインはヘルメットのレビュー目的です←

 

 

masterlife.hatenablog.com

 

 

 

曽爾高原へは奈良市から369号でもいいですし、24号でも良いのでとりあえず適当に南下してたら宇陀市に着くはずなので、369号に乗って名張方面にひた走っていれば着くはずです。天理から名阪国道に乗って針I.C.で降りて以下同様でも大丈夫です。

 

 

ということで着きました。

 

f:id:chemneko:20170919230214j:plain

 

この日はD5300にAF-S DX NIKKOR 35mm/F1.8G(35mm換算52mm)を付けてきた限りなので、駐車場に着いてすぐに見える雄大な景色を写すことが出来ませんでした。なんなら出発が割と遅かったので道中の崖も撮れてません。是非足を運んで秘境奈良を感じてください。

 

 

f:id:chemneko:20170919230221j:plain

 

台風一過なので灯篭が倒れすすきもなだれていた。

 

 

f:id:chemneko:20170919230228j:plain

 

台風一過なので夕焼けを期待してたんですけど、それより遥かに厚い雲…。

 

f:id:chemneko:20170919230229j:plain

雲が厚い…。

 

f:id:chemneko:20170919230234j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230240j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230250j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230248j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230257j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230304j:plain

 

似たような写真ばっかですね。

 

 

f:id:chemneko:20170919230312j:plain

 

f:id:chemneko:20170919230322j:plain

 

日が暮れた。

 

高原と言うだけあって陽が落ちるとほんとに寒かったです。メッシュジャケットと夏用手袋着けてきた自分のアホさに帰ってから呆れました笑

 

 

 

台風で引きこもる予定だった学会直前の三連休最終日お疲れ様でした。

【微グロ注意】はてなフォトコン夏2017。

この夏何もやってねえ

 

 

というのも学生最後の夏、就職した友達より短い夏休みで5,6年ぶりの高校の友達と会ってたら夏休みが終わったからです笑

 

 

写真は花火は撮りました。

 

masterlife.hatenablog.com

 

三脚なし手持ちで花火に特攻するという愚行っぷりが写真に表れています←

 

 

 

夏の写真を振り返ると、まず実家に帰りました。

f:id:chemneko:20170902022021j:image

photo by iPhone 5s

 

シートバッグの上にリュックを乗せてネットで亀甲縛りするドSプレイ(違

ノートパソコン持って帰ろうとするとシートバッグには収まらないのでリュックが必要になるのですが、リュックを背負えない形状的矛盾からこうなりました←

 

 

 

実家に着くと蝉の死骸がお出迎えしてくれました←

f:id:chemneko:20170902022127j:image

f:id:chemneko:20170902022156j:image

f:id:chemneko:20170902022207j:image

 

ねこ様ぁ…。

 

あとはひたすら飲んで食って飲んで寝ての生活してたら夏休みが終わってしまったので大学に戻り、学会に向けて研究を繰り返し何も結果が出ない日々を過ごしたのでした。

 

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏

僕はお金が少ない(はがない)。

お盆の時の話。(今更感すごい)

 

 

 

6月に弊社から内々定が出て初めての帰省だったので、来年からの具体的な話をようやくするいい機会でした。

勤務地はおそらく実家のある神戸から通えないこともないくらいの場所(ドアtoドアで2時間弱)で、大学院での生活のために奨学金220万くらいを背負ったので、それを2~3年かけてほぼ完済してから実家を出ようかなーなんて考えていたところ、親は一人暮らしさせようとしていた。

 

転職サイトを見る限り弊社は家賃補助1万くらいしか出ず(出るだけ有難いのかもしれないが)、しかも田舎とはいえ大阪や神戸へのアクセスは電車で30分強とそこまで悪くないため家賃の相場も今より高く、安月給での一人暮らしは非常に不安に感じる。

 

 

僕は三人兄妹の長男で高校(浪人)大学と受験に失敗し続けたため私立の学校に通っていたこともあり、事ある毎に「お金が無い」とこちらの要求は一蹴される習慣の中で生きてきた。今人生で相当後悔していることは高校でも大学でも部活やサークルに入らなかったことであり、その理由もやはり新しいことを始めるのに必要な道具を「お金が無い」から揃えられず始められないからだと身に染みていたからである。おかげで兄妹の中でも見事なコミュ障が完成した

だから大学生になってからは小遣いなんてものは貰ったことはないし、学校までの定期代や駐輪場代も、今趣味として楽しんでいるカメラや大学院までの通学に使っているバイクもアルバイト代で賄ったものである。

 

f:id:chemneko:20170910022710p:image

ESTRELLA RS(2001)を中古で車体25.8万だったと思う。2017年9月現在で4.3万 kmとかそこらへん。ちょいちょいゴムパーツとアルミパーツを中心にヤレてきたがエンジンがあほみたいに堅く壊れる気配がない。いつかはカフェレーサーにしたい。 

 

f:id:chemneko:20170910033001j:image

Nikon D5300。2014年末に新品でAF-S DX NIKKOR 18-140mm/F3.5-5.6Gレンズキットを8万円くらいで買った。

 

 

 

そんなちょっと苦労した学生生活を終え、社会人になり親に仕送りを送ったりする印象の、本格的に自立した生活を送る直前に親と新生活の話が出来たのはいい機会ではあった。ただ二点…

 

 

「新しい部屋探さなあかんのと田舎やし軽自動車持っとくかー。あと奨学金もなんとかせなあかんな。」

 

 

 

…!?

 

 

軽自動車買ってくれるんですか????

 

奨学金払ってくれるんですか????

 

 

 

高校生の時「お金が無い」って言って安い2万もしないギターやベースを買ってくれなかったのに!?!?!?

 

中学生の時グローブの革が破けた状態で数ヶ月練習させられ続けたのに!?!?!?

 

小学生の時スパイク小さいと言ってるのに足の爪が陥没して化膿しても一向に買ってくれなかったのに!?!?!?

 

手取り17万と仮定して、家賃5万水道光熱通信費1.5万食費3万雑費2万交際費2万奨学金1.5万の上に車の維持費乗せてくるんですか???

 

 

 

おれは「お金が無い」ですよ!!!!

 

 

ということでTimes Car Sharingに登録しました。今学生登録しとかないと毎月1,000円月額で取られるからねー。

 

 

 

バブルを知る世代と知らない世代の隔たりは想像以上に大きい。貧しい国日本を細く切れず生き続けるには、如何に有為な情報を多く獲得し個々人に適した形に昇華するかだと考えている。バブル世代の親とゆとり世代の子供、たかが30年されど30年。同じ生物でも一世代で生き方が大きく異なるのは僕たちにはお金が少なかったからなんだろう。

Jones酸化に関する実践的な知見。

有機化学における酸化反応の一つにアルコールをカルボニル(アルデヒドやケトン)やカルボン酸にする反応があります。高校生の化学だと酸化剤として二酸化マンガン(MnO2)や三酸化クロム(CrO3)を用いていたと思います。大学の実践的な研究においては、Dess-Martin酸化やSwern酸化、Pinnick酸化など、アルコールの価数や特徴的な環境下毎に有効な手法が多数報告されています。

今回紹介するJones酸化はCrO3を用いた酸化手法で、1級アルコールをカルボン酸に、2級アルコールをケトンに急速に変換する反応です。反応機構やCrの毒性による注意事項等は教科書やChem-Station、Wikipediaなんかに転がっているので、この記事では僕の経験を基に仕込みから精製までのコツを記してみようと思います。

ちなみに僕自身、まだまだJones試薬と苦戦中(主に分液操作)です。

 

 

仕込み

f:id:chemneko:20170830153420j:image

先述した通り、僕的にJones酸化で厄介になるのが分液操作です。分液でクロムが取り込まれたエマルジョンができ、これを解消しないと収率が劇的に低下し、解消には膨大な飽和食塩水と水酸化ナトリウム、希塩酸が必要となるので、基本的に1度に仕込むCrO3の量は750 mg程度(7.5 mmol)にしています。Chem-Stationに載っている調整法によるJones試薬は約2.5 Mなのでおよそ2.0 mL程度ですね。

 

 

クエンチ

Chem-Stationでは2-propanol (Isopropanol, IPA) を使うと良いって書いてます。未反応のJones試薬をIPAと反応させて基質の溶媒であるアセトンにしてしまおうという目的だと思います。IPA入れて10分くらい回してると褐色だったJones試薬が緑色のCr3+に変化する様子が観察されます。ただぶっちゃけ分液で還元剤(主にチオ硫酸ナトリウム)入れるのでくさIPA入れずいきなり分液に移ってもいいかもしれません。その代わり分液漏斗内で水素が発生する点は注意です。

 

 

分液 f:id:chemneko:20170830170457j:image

反応液と飽和炭酸水素ナトリウム(sat NaHCO3)を加え分液漏斗を1回振った後。エマルジョン●ね←

 

 

1級アルコールからカルボン酸への反応の時に塩基は入れるな。分液の煩雑さで殺されるぞ。

 

 

反応液

│←2-propanol at 0℃

│(←brine+Na2SO3aq)

分液操作

 

たぶんこれが賢い。 

 

重曹水だとクロムを噛んだエマルジョンが形成され、塩基で水層に落としたカルボン酸を酸で有機層に持ち上げ直す際、クロムを噛んで持ち上がってくるのでねずみ色のエマルジョンが再び発生します。NaOHaqだと相当量加えることでねずみ色の水に難溶なCr2O3がテトラヒドロキシ錯体[Cr(OH)4]2-となり水に溶けるようになります。ただしアルコールもアルコキシドとなり水層に移動するので、一旦塩基で水層に落とす意味はほぼなくなります。あと硫酸との中和熱がなかなかヤバく、分液漏斗が結構温かくなります。Jones試薬7.5 mmolスケールで温かくなる程度で済んでますが、これ以上だと下手したらびっくりして分液漏斗落として割ったり火傷したりするかもしれません。

 

なので塩基を入れない代わりにチオ硫酸ナトリウムを入れときましょう。未反応のJones試薬を潰してCr3+にしておけばクロム系廃液に流すだけで処理が終わります。ただし先述しましたが水素ガスが発生するので内圧には注意です。

塩基を入れなくても残念ながら多かれ少なかれエマルジョンはできますが、パスツールで叩いてできる限りエマルジョンは潰してから分けることで硫マグなどの脱水剤で妥協できる程度には有機層と水層を丁寧に分けることができます。

 

 

カラムクロマトグラフィ

カルボン酸を相手にするので、展開溶媒に0.3~1%程度の酢酸を入れておきましょう。カルボン酸特有のスポットのテーリングを防ぐことができます。

あとは特段記すことはないと思います。

 

 

 

基質のアルコールとカルボン酸の極性が近すぎて反応の終点が分からない場合

割と殺意が湧くタイプの基質ですよね(#^ω^)ピキピキ

僕の普段扱ってる基質がそれで、シリカカラムで精製して1H NMRで純度見ても基質がしっかり残存していてどうしようもないことがあります。そういう場合はアルコールに保護基を導入して極性を変化させる手法が有効だそうです(先生談)。

具体的にはアセチル化により極性を変化させる方法です。シリル系じゃだめなのか試したことないですので誰か知見ください←

 

 

随時書き足していきます。

宇陀市はいばら花火大会に行ってきました!【三脚なし写真16枚】

7月末の雑誌会と中間報告会という怒涛の忙殺ラッシュを無事平凡な評価で切り抜け、ようやく僕の生活にも夏がやってきた気がします。ということで花火を見たかった、撮りに行きたかったので行ってきました。

 

hanabi.walkerplus.com

 

 

 

本当はみなと神戸行きたかったし琵琶湖も行きたかったんですけど、どちらも実験の都合が合わず断念せざるを得ませんでした。というか神戸はちょっと人多すぎて有料席か知る人ぞ知る穴場スポットじゃなきゃ見たくないレベルです笑

 

hanabi.walkerplus.com

行ってみたい花火ランキング全国2位だそうです。

 

f:id:chemneko:20170809162750j:plain

f:id:chemneko:20170809162804j:plain

そういえば2年前は有料席を抽選で当てたんでしたっけ。前の人の頭が写真撮るのに邪魔だった思い出←

 

 

hanabi.walkerplus.com

こっちは一度も足を運んだことがないので行ってみたいんですよねぇ…

 

 

 

話が逸れました。僕が行ったのは宇陀市はいばら花火大会でして、同時に全国花火まほろば競技会も行っていたようです。ちなみにこの日僕は日中に琵琶湖一周ツーリングを敢行しており、それが終わってから奈良の中部まで移動しました。このため三脚は持ち合わせておりませんでした。

 

 

 

花火撮るのに三脚持ってこないぐう無能。

 

 

ズームレンズの手振れ補正が仕事してくれませんでしたがご容赦ください。

 

f:id:chemneko:20170809164326j:plain

思いっきりぶれてる…

 

f:id:chemneko:20170809164332j:plain

花火単体は綺麗に撮れてるのに建物とかの手振れがひどい…

 

 

f:id:chemneko:20170809164610j:plain

 

f:id:chemneko:20170809165422j:plain

数少ない歩留まり写真でした。宇陀の花火は打ち上げ場所の手前で近鉄が走っているため、架線が結構がちゃがちゃ主張してきます。それはそれでいい絵が撮れるかもしれません。

 

 

f:id:chemneko:20170809165641j:plain

主要被写体に関してはぶれてないのに他の景色はぶれっぶれですね。手振れ補正ってそういう仕組みなんでしょうか??

 

f:id:chemneko:20170809165647j:plain

 

f:id:chemneko:20170809170607j:plain

 

f:id:chemneko:20170809170545j:plain

向日葵。

現像の傾向が固まってきました。この手の色付けはウケがいいですもんね。

 

 

f:id:chemneko:20170809173159j:plain

 

f:id:chemneko:20170809174007j:plainみなさんマゼンタ被り好きでしょう?

 

f:id:chemneko:20170809174011j:plain

三脚なしライブビューほぼ見てない状態でシャッター切り続けてたので不意打ちで大きいの上がると当たり前のように画面からはみ出していきますw

 

f:id:chemneko:20170809174339j:plain

心なしか手振れ写真が減ってきたように思えます。ソフト目に現像するのもたまには箸休め的にいいですね。ここまでどれだけの人が読んでくれてるか知りませんが

 

f:id:chemneko:20170809174957j:plain

花火撮影は長時間露光が基本なので、手前の線路に電車が走った光跡が残りました!これちょっといい感じだなあ。

 

f:id:chemneko:20170809175008j:plain

ラスト。よく見たら星も映ってた。

 

 

 

総括

花火撮影には三脚を持っていきましょう。だいたい3-6秒のシャッター時間を手振れなしで耐えるのは補正付きレンズでも無理でした。

 

11日の那智勝浦か19日の猪名川でリベンジしたいと思います。